*

夏場になって気温が上がってくると困る

夏場になって気温が上がってくると困るのが汗っかきのひとです。
汗っかきは普通のひとが暑いと感じない程度の気温や室温でも汗をかいてしまうので、外だけではなくオフィスや電車やバスなどの公共の場でエアコンの設定が高めだとすぐに汗をかいてしまいます。
汗をかいてしまった、汗を早く引っ込めてしまいたい、そんな時はとにかく体を冷やすのが一番で、頭や首などを即座に冷やすことをオススメします。
可能であれば氷などをビニール袋に詰めて冷やしたり、

ハンカチやタオルに包んで冷やすのが効果的です。
氷がない場合はハンカチやタオルを水で濡らして首もとに当ててみたり、缶ジュースや冷えたグラスでもかまいません。
とにかく冷たい物を首に当てるだけで汗は一気に引いていくので、汗っかきのひとが即座に汗を引っこめたいときにはとても有効です。
水分が蒸発するときに熱を一緒に吸収してくれるので、ハンカチやタオルを濡らすだけではなく、デオドラントのボディタオルのようなもので体を一拭きするのも汗を止めて、汗をかきにくくしてくれるでしょう。

http://www.plus-box-blog.org/手汗をあまり気にしない考えから始める/